太田さやか筆文字工房 墨技

コラム

力を尽くして狭き門より入れ

これは1947年フランスのノーベル文学賞受賞者アンドレ・ジイドの
「狭き門」という小説の一説で、私の好きな言葉です。

「迷った時や逆境に対面した時こそ、困難な方を選んだ方が
今は苦しくても先で必ず実りある結果となる」
ちょっとかっこいい言い方ですが、そんな自分でありたい。

コラム一覧にもどる
カリグラフィーデザイナー 太田さやか

カリグラフィーデザイナー 太田 さやか

福岡市内2社のデザイン会社でパッケージデザイナーとして勤務した後、2005年「太田さやか筆文字工房 墨技」を設立。同年より独立書人団 岡 桑玄氏に師事し、本格的に古典書道の臨書も学ぶ。カリグラフィーデザイナーとして商品タイトルや店舗ロゴ、映像などの広告媒体全般に使用される商用の筆文字を数多く手掛ける。また、飲食店などの商用空間を彩るインテリア書作品や企業の経営理念、社訓、社是などの受注制作も行う。2007年にはプロ養成の「デザイン書道スクール」を開講。次世代を担う若手を育成する傍ら、様々なイベントや作品展を通してデザイン書のさらなる普及に努め活動中。