太田さやか筆文字工房 墨技

コラム

デザイン書道って何?

デザイン書道という言葉が広く知られるようになって久しいですね。
一言で言えばいわゆるデザイン意識を加えた
「筆文字」もしくは「手書き文字」のことです。

その中には店舗ロゴや食品ロゴなど商用の筆文字、
いわゆる商業書道があったり、季節や好きな言葉などを作品として書き、
商業施設や個人宅にインテリアとして飾るインテリア書なども含まれます。

書道や書写のようにお手本はありません。
2度書きはダメとか、書き順を守ったり、
きれいな文字をかくことが目的ではなく
文字の持つ意味や伝えたいことなどを
自由な発想で表現できることが魅力と言えます。

コラム一覧にもどる
カリグラフィーデザイナー 太田さやか

カリグラフィーデザイナー 太田 さやか

福岡市内2社のデザイン会社でパッケージデザイナーとして勤務した後、2005年「太田さやか筆文字工房 墨技」を設立。同年より独立書人団 岡 桑玄氏に師事し、本格的に古典書道の臨書も学ぶ。カリグラフィーデザイナーとして商品タイトルや店舗ロゴ、映像などの広告媒体全般に使用される商用の筆文字を数多く手掛ける。また、飲食店などの商用空間を彩るインテリア書作品や企業の経営理念、社訓、社是などの受注制作も行う。2007年にはプロ養成の「デザイン書道スクール」を開講。次世代を担う若手を育成する傍ら、様々なイベントや作品展を通してデザイン書のさらなる普及に努め活動中。