太田さやか筆文字工房 墨技

コラム

書道家とデザイン書道家のちがい

私は書道家ではありません。デザイン書道家です。
よく「どう違うのですか?」と聞かれます。

書道家は書における高度な技術と教養を合わせ持った書の専門家です。
主に作品制作を生活の中心に据え、自身の書の芸術性を高めることに重きを置き、
そのことを生涯に渡って追求していきます。

デザイン書道家は依頼を受けてその要望に合わせた作品を制作する筆文字のデザイナーです。
請け負う案件は企業や店舗のロゴ、商品ロゴ、イベントやキャンペーン文字、
飲食店などのメニュー文字、個人向けの名刺や命名書など、多岐に渡ります。
基本は自分を抑えて、クライアントの要望を最大限に形にすることが求められます。

想いや依頼の背景を読み解き、用途に合わせた文字を提案するには
総合的なデザイン力が求められます。
どちらが難しくて、どちらが簡単などということではなく、
そもそも在り方や目的が根本的に違うのです。

コラム一覧にもどる
カリグラフィーデザイナー 太田さやか

カリグラフィーデザイナー 太田 さやか

福岡市内2社のデザイン会社でパッケージデザイナーとして勤務した後、2005年「太田さやか筆文字工房 墨技」を設立。同年より独立書人団 岡 桑玄氏に師事し、本格的に古典書道の臨書も学ぶ。カリグラフィーデザイナーとして商品タイトルや店舗ロゴ、映像などの広告媒体全般に使用される商用の筆文字を数多く手掛ける。また、飲食店などの商用空間を彩るインテリア書作品や企業の経営理念、社訓、社是などの受注制作も行う。2007年にはプロ養成の「デザイン書道スクール」を開講。次世代を担う若手を育成する傍ら、様々なイベントや作品展を通してデザイン書のさらなる普及に努め活動中。