太田さやか筆文字工房 墨技

ブログ

2018年9月の記事

私も調べてみた…

ハラプロの原田さんのブログで自分の名字が日本に何人いるか
郵便局のサイトで調べられるとの情報を得て、おもしろそうと思い
私も調べてみました。
今は結婚して太田だけど、旧姓の「御木(みき)」は少ないだろうと。。。
やはり少なかった!全国で約380名。
多い順で14,807位。
福岡県に一番多いそうな。へー110人もいるのね!

昔はなかなかすんなり読んでもらえなくて
「ゴキさん」とか「オギさん」などと読まれたりしたものです。
でも、たくさんの名前が書いてある中から自分の名前をさがす時は
あまりない名字なのでとても見つけやすかった思い出が。

由来が書いてあったけど…???



う〜〜ん、イマイチよくわかりましぇん。



Posted in その他 コメントをどうぞ

ネーミングの力

すばらしいネーミングの枝豆を見つけました。
どぎつい紫色のラベルもあっぱれです。
ついつい買いたくなる、ハンパないこの訴求力。
「百笑屋」お店の名前もいいですね。

熟女?の私も思わず飛び付いてしまいました。

糸島、バンザイ!!

Posted in デザインのこと コメントをどうぞ

うどん屋のロゴ

いかにも「デザイン書」といううどん屋のロゴを見つけました。


外は雨。
車の中から信号待ちの停車中に撮ったので
窓の水滴がちょっと邪魔ですが。。。
恵味うどんの味の口とうどんのうの部分を共有させて
うまくデザイン化されてますね。
うどん屋のロゴではあまり見ないタイプのデザインなのでちょっと新鮮でした。
お釜の中に文字が入ってる構成、
温かみのあるまーるい書体も美味しそうです。

店名もいい。





Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

ロングセラー


丸永製菓さんのきなこもち。美味しいですよね。
きなことおもち好きの娘が買ってきてました。

私「あ〜この文字、むか〜しむかしにお母さんが書いたとよ」
娘「マジ? まぁなかなか美味しそうに書けてるやん」
私「あ、…ありがとうございます!!」

これは私がデザイン会社でパッケージデザイナーとして働いていた頃、
書かせていただいた筆文字ロゴです。
最近は丸永製菓さんから「御餅きなこもち」という商品も出てるようですが、姉妹品かな?
もうかれこれ15〜20年くらい前でしょうか。(あのころは若かった……。)
仕事で使う筆文字を書き始めて間もないころだったなぁ。
商用ロゴの書き方や効果的な見せ方など、まだまだ技術的にも未熟で
手探りで書いていた頃の文字。
今、見ると手直ししたいところが多々ありますが。。。笑

その20年の間にパッケージのデザインリニューアルは
何度かなされているようですが、このロゴだけはずっと変えずに
使っていただけてることには驚きと同時に有り難さを感じます。
うれしいことです。
新しい年号になっても続いていくとよいなー、と。

ベストセラーよりロングセラー。



Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

桑樹書展、始まりました!



今日から大濠公園そばのNHKギャラリーで
書道の社中、桑樹の「桑樹書展」が開催されています。
今回で21回目となる毎年開催されている作品展で
老若男女39名の作品が展示されています。

こちらはデザイン書道ではなく「書道」の作品展。
私も所属させていただいて、今年で13年目になります。

書道の作品展というと…
長文の文字が並んでいる、読めない!どれも同じに見える!などと
イメージされることも多いと思いますが
桑樹展は違います。毎年テーマが与えられ、
それに添って各々が自分の思いを作品にしたためています。
期間中1日に2回、主宰の岡 桑玄先生の作品解説が名物で
これを楽しみに毎年足を運ばれる方も多いのです。

芸術の秋。
みなさま、是非足をお運びくださいませ♪


第21回 桑樹書展
9/11(火)〜9/16(日)まで
10:00~17:00(最終日16:00まで)

NHKギャラリー
福岡市中央区六本松1-1-10
NHK福岡放送局2F  TEL:092-724-7001
◉作品解説 11:00〜   15:00〜

Posted in 書のこと コメントをどうぞ

デザインしない

大好きなカルディで久しぶりにパケ買いしてしまいました。


「いのち・りんご」
ふわふわのスポンジケーキの中にシャキシャキ食感の
りんごの果肉入りソースとカスタードクリームが入ってます。
食べたかったわけじゃないけれど、ついつい買ってしまった♪
美味しいりんごの産地、青森県のお菓子です。

過剰なデザインはないのに、妙に購買意欲を掻き立てられるシンプルなパッケージ。
いのちの手書き文字、りんごのワンポイント、色づかい、全部いい。
一見デザインしてなさそうで、多分すごく考えて作られていると思います。

そういうものに、わたしもなりたい。


Posted in デザインのこと コメントをどうぞ