太田さやか筆文字工房 墨技

太田さやか筆文字工房 墨技

〒819-1108
福岡県糸島市波多江駅南1-16-10-607
TEL/FAX:092-324-4595

ブログ

筆文字・ロゴデザイン

「 普通 」の難しさ


筆文字ではない「ペン書き文字」の依頼。
正直、すぐできるだろうと比較的簡単に考えてしまっていたところ
これがなかなか難しい…。
初回案は全然イメージと違うとダメ出しをいただきました。
えっっっっっっ?!
クライアントの指示は「普通に奇をてらわずに自然体で。
若い女の子が一文字一文字一生懸命書いたような気持ちが伝わる文字」
まぁ、そもそも書く本人は全く若くはないのですが…。
自然体を意識するって、その時点ですでに自然体ではないような。。。(苦笑)

筆文字以外でこんなに悩んだのは初めてでした。
まだまだ修行が足りません。


Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

墓標文字の仕事

個人のお客様からのご依頼で墓標文字を
書かせていただきました。


お仕事はどれも緊張しますがその中でも
墓標文字は永年残るものですし、
何よりここで安らかに眠りたいという
お客様の思いも一緒に引き受けますので
特に緊張するお仕事の一つです。
石に彫られることを考慮してあまり細かい
擦れなども入らない様に書く必要があります。

「悠久のしじま ありがとう」

悠の右上がりに伸ばした線に時を超えて
いつまでも安らかに…との思いを込めました。
桔梗の花をワンポイントで入れたいとのこと
でしたのでそれも一緒にお描きしました。
桔梗は古くから日本人に親しまれてきた花で
永遠の愛、気品、誠実という花言葉を持ちます。

M様、ありがとうございました。


Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

私の知らない世界

オンラインゲームのロゴを書かせて
いただきました。
「乱世一夢 〜らんせいいちむ〜 」


物を盗むとともに香水の匂いを残して
立ち去っていくという
武林の奇俠・楚留香(そりゅうこう)の
活躍を描いた台湾の有名な武俠小説の
シリーズがあり、それを題材に作られた
ゲームとのこと。
日本ではあまり知名度がない小説なので
別題としてこのタイトルにされたそうです。

オンラインゲームは全くしたことが
ありませんがいざやり始めたら、
ハマるのかな…?

スタジオWave様 ありがとうございました。


Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

新しい年に願いを込めて

今年も残すところ、あと3週間余り。
毎年早く感じていますが、
今年は体感的にはさらに加速度を増したイメージです。

恒例の小鹿酒造さまの限定干支焼酎ラベルの文字、
書かせていただきました。
子年は軽やかにすばしっこいイメージで書きましたが
丑年はどっしり雄々しいイメージで。
デザインはキャリーアウト様によるものです。


来年はどんな1年になるのでしょう。
より良い年になりますように。



Posted in 筆文字・ロゴデザイン, 未分類 コメントをどうぞ

Members きたおか様 店舗ロゴ

11/16(月)に個人でオープンされたスナックの店舗ロゴを
制作させていただきました。

柔らかく温かな文字をとのご希望でした。

コロナ禍の中でのオープン、
接客業の方は、まだまだいろんな制限や
ご不便、ご不安もあるかと思います。

山村様、ありがとうございました。
心よりお店の発展を願っております。



Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

年賀状の季節

ブログ、またまた長期のおサボリでした…反省。
いつの間にか11月も10日が過ぎ
あと1ヶ月半ほどで2020年も終わり。
今年はコロナで自粛期間もあったからかなあ。
いつもより一段と時間の流れが早かった気がします。

ということで、今年もたくさんの年賀状デザインを
させていただきましたが、その中から
インプレス様の年賀状デザインを2点ご紹介。
和と洋 雰囲気をガラッと変えて作ってみました。
漢字の丑とひらがなのうしがモチーフです。
丑は十二支の中でも絵になりにくい干支の一つで
12年に一度、頭を悩ませてます。

今年は暗いニュースも多かったけど
来年は色々な意味で良い一歩が
踏み出せる年となりますように。

カラフルな色彩の年賀状デザインに思いを込めて!


Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

うらた農園様ロゴ

今年に入ってから進めていた
農業法人「うらた農園」様のロゴが完成しました!


たくさんのロゴスケッチ、何回もの打合せ&調整を経て
社長の浦田さまをはじめ従業員のみなさんで
選んでいただいたロゴです。
農業を通じてすべてのヒト、モノ、コトを笑顔にしたいという
うらた農園さまの思いを形にしました。
今は農業も厳しい逆風にさらされていますが、
事態が一日も早く収束し
これからたくさんの人に認知され
成長する企業のアイコンとなりますように…

Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

新たな気持ちで!

1ヶ月ほど前は多少楽観視していた自分を
叱りつけたい…
そんな今日この頃です。
地元糸島でもとうとう感染者が出たとのニュースに
本当に他人事ではない不安を感じます。

そんな中、先日、経営理念額のご依頼を受けていた
うらた農園様に納品に伺いました。


農業を明るく!という理念をお持ちでしたので、
大きく「農明」という文字をかかげています。
このような状況の中にはありますが、
この経営理念を飾り、前向きな思いで
頑張りたいとおっしゃっていました。
とても喜んでいただけたので良かった!

私も同じようにこの状況を嘆くだけでなく
自分にできることをひとつづつ
やっていきたいと思います。



Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

水菜のはなし

現在進行中の案件で糸島の農業法人さまと
2度目のロゴ提案&打合せへ。
主に水菜を生産されている会社で、社名ロゴからそれを使った
パッケージデザインまでをトータルでご依頼いただいています。
水菜の袋って(水菜に限らず野菜はだいたいそう)紺やブルー文字に白ブチで
みず菜とか水菜とか書かれてるものが多いのですが
そういう良く見るデザインとは違ったアプローチを考えています。
水菜ってわざわざ書かなくても、ものを見ればわかりますからね。

水菜は私も好きでよく料理に使っていますが
今回話をして行く中で、実際知らない事が多かった!


スーパーや直売所では比較的色が濃い緑のもの、明るい黄緑のもの、
長いものや全体がすごく短くて根元が太く
ずんぐりしているものなどいろいろあります。
私は他の野菜のように水菜自体にいくつか品種があって
その違いなのかと思っていたのですが、水菜は基本1種類しかないそう。
気候や生育具合、土壌成分や状態、収穫時期などによって
その都度変わるのだそうです。
背の高いものは茎も柔らかいのでサラダ向き、
背の低い、茎が密集して太めのものは
鍋や煮物など火を通す料理に向いているのだとか。
まぁ、そもそも固い野菜ではないので
どちらかといえば、だそうですが。

ただ、ビニールのパッケージを水菜のサイズごとに
作ったりすることは包材コストや入れ分ける手間の面からもできない。
一番短い長さだった時でも主要なデザイン部分が
隠れてしまわないような配慮をする必要があるようです。

何度かの提案とやりとりの中でやっとロゴデザインが決まりつつあります。
さらに詰めて良いものにしたいです。






Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

昇り鯉

最近個人のお客様からのご依頼で制作した書画。


近々ご結婚されるとのことで、これから始まる
新しい生活の記念に、お相手の方とご自分の
お名前を1字づつとって、2匹の鯉が滝を上っている様子を
背景に書いてほしいとのことでした。
机の上や棚などに飾りやすい大きさをご希望でしたので
A5をひとまわり大きくしたコンパクトサイズです。

末永い幸せをお祈りしております!!


Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ