太田さやか筆文字工房 墨技

ブログ

名尾和紙 伝統と革新

佐賀県大和町の名尾にある「名尾手すき和紙」に行ってきました。
名尾で300年以上前から続く手すき和紙で、
古くから障子紙や提灯などに使われてきたそうです
全盛期には100軒ほどの工房があったそうですが、現在はここ1軒のみです。

一般的に和紙の原料として有名なのは、楮(こうぞ)、みつまた、などですが、
名尾和紙の原料は梶(かじ)。梶は実は日本最古の和紙の原料だそうです。
特徴としては繊維が長く太く丈夫とのこと。
手前の鉢植えの植物が梶。葉の形がとても美しい。芸術的な造形ですね。
店名のシンボルマークにも使われています。


扇子もとても綺麗です。

店内には沢山の和紙が。。。
いつか自分の筆文字作品の表装にも使ってみたいです。

名尾和紙さんは最近、新しいプロダクトとしてPAPER VALLEYという
ブランドを立ち上げられています。
和紙の原料とされる梶の栽培から一枚の紙ができるまでの全ての行程を
名尾で行うプロダクトブランドです。
そこの商品であるmilepaper book(マイルペーパーブック)。
手漉き和紙で作られた美しい本のような箱には、
テーマの違う3枚の手漉き和紙のポストカードが入っています。
そのポストカードに自分の人生を振り返りながら、自分や
自分を取り巻く大切な人への想いを綴ることができるというもの。
出産、結婚、成人式、還暦、母の日などの種類があって
すべてデザインが異なります。
見た目は本のような形の箱になっているのでその時々の
思い出の品なども一緒に収めておけます。

このデジタルの時代に自らの手で文章をしたためる
というところに重要な意味があると感じます。
特に結婚や出産の紙が人気のようで欠品していました。


手すき和紙の伝統を守りながらその特性や美しさ、温かさ、
希少性を生かし、大切な人生の節目に自ら想いを残せるというツール。
「紙」の新たな可能性を感じました。


名尾手すき和紙
佐賀県佐賀市大和町大字名尾4756
0952-63-0334
午前9時〜午後5時
http://www.naowashi.com




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です