太田さやか筆文字工房 墨技

ブログ

元気をもらった話

先週末、1人暮らしの父の住む実家へ短い帰省。
行くなり「あ〜〜2時間ムダにした」と父。
訳を聞いたら「忙しいのに、ついつい映画を観てしまった…」とな!!
よかろうもん。もう82なんだから、少しゆっくりしとき!

父は中学校の国語の教師でした。
退職後は佐賀県俳句協会の常任理事をしていて、カルチャースクールの講師や
セミナー講師、佐賀読者文芸俳句の選者など、毎日忙しくしています。
とても82歳のそれとは思えないほど、
リビングのカレンダーには赤文字のスケジュールがびっしり。
最近とみに物忘れが多くなったといいながら、
「でもさ、自身の俳句はますます進化している気がするとよ。」だそう。
我が親ながらあっぱれ!です。

私も進化せねば……汗。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です