太田さやか筆文字工房 墨技

ブログ

おやすみヨガ

最近寝る前にヨガをやっています。


何年も前にちょこっとホットヨガに通っていたことがあったけど
あまりの暑さにクラクラして、具合が悪くなりすぐにリタイアしてしまいました。
暑いと汗をいっぱいかいて代謝も上がるし痩せるやろ!と
たいへん安易な考えだったと思うのですが
私には暑すぎるのが合ってなかったみたい。

何ヶ月か前から、たま~にクリパルヨガに通っていますが
いつもは行けないので、とりあえず自宅で出来る範囲で♪

仕事柄、下を向いて文字を書いたり、
長時間パソコンに向かっていたりと前傾姿勢でいることが多いので
万年肩凝り、腰凝り。
固まった体を解放してリセットできるヨガはとてもいいですね。

寝る前にやると、短時間でもより深く眠れるようです。
youtubeでもいろんな動画があるので
私のようなお仕事の人、ヨガはとてもおすすめですよ。



Posted in 未分類 コメントをどうぞ

手書き文字のチカラ

昔から昭和や海外の古い映画やお芝居などのタイトル文字が大好きです。
随分前、独学で商用の筆文字を書き始めたころ、
激しい感じやインパクトのある文字を書く時に
書体や構成なんかをよく参考にしていました。



悪魔の手毬唄や獄門島など、金田一耕助が出てくる横溝正史シリーズの
タイトル文字やテレビドラマ必殺仕事人の文字もドラマの内容と
ピッタリ合っててほんとにほれぼれしますわ。大好き!
そういうのもあって私の書く筆文字ロゴは
激しい傾向にあるのでしょうか…(笑)

タイトル文字、ナイスバランス。梶 芽衣子さんもかっこいい!!


狂犬三兄弟の文字もすばらしい!


この海外の映画のポスターなんて、文字・斬新なデザイン構成とも秀逸です。
すごいインパクト!脳裏に焼き付きます。うまいなぁ。


現代はデジタルがおそろしく進んでるので、技術的に出来ない事がないくらい
いろんな表現の幅も広がっています。もちろん作り込まれたロゴはスタイリッシュなのですが、
なんか作り込まれすぎてて、逆にいい意味でのストレートさやインパクトが
薄れてきている気がします。
この古い作品タイトルの手作り感…とても泥臭いですが、ガツン!と来ます。
デジタルなんて無かったころの表現の方が
ある意味新鮮なのはなぜなんでしょうね。







Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

文字デザインの難しさ

最近仕事で書かせていただいた、とあるお酒のロゴ。
4文字のロゴ中の龍の一文字に
なんとなく龍のイメージを入れてほしいというご依頼。
イラストっぽくならないように
さりげなく雰囲気として入れようといろいろやってみました。
こういう場合、1文字だけのロゴとは違い、ほかの3文字とのバランスが難しい。
ありがたいことに決定のお知らせをいただきましたが、
商品の発売前なのでボツった4種の龍文字を。


自分としては左上の隷書体をアレンジした文字が一押しだったのですが…。。。
年賀状で書くようなもろにイラスト感満載の文字デザインとは
ちょっとだけ変えてみたつもりです。

文字をデザインするって難しいけど面白い。

Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

餃子な気分

昔から意味も無く、千切り・みじん切りという単純作業が大好きです。
まな板の上にどんどん出来ていく野菜の山。
ひたすらに一つの作業を繰り返す…
最初は時間がかかっていても、やるほどに徐々にスピードアップしていく過程が楽しいのです。
まぁ終わりがあるからこそ没頭できるのだとは思いますけど。

ということで、この単純作業を繰り返す餃子づくりも大好きです。
餡にホタテ貝柱の水煮缶と隠し味にちょこっと味噌を入れると美味しい♪
初めて作ってから随分経つんで、回数を重ねるうちに包む作業もかなり早くなりました。
お〜〜美しい!!自画自賛(笑)


美味しくいただきます!



Posted in 料理のこと コメントをどうぞ

ささやかな楽しみ

先月から始まったNHKの朝ドラ「半分、青い」にはまってます。
朝ドラはこれまで全く見てなかったのですが、
今回は何か惹かれるものがあって…。
まず、時代設定が絶妙。
古すぎず、新しすぎず、自分の青春時代と近くて感情移入しやすい。
「いつもポケットにショパン」読んでたな〜〜〜〜。
くらもちふさこさんの名作です。
それに鈴愛役の永野芽郁ちゃんがすごくかわいい。
まわりをかためる俳優陣もイイですね。
星野源さんの主題歌もいい感じ。

自宅で仕事をしているので、家族を送り出した後の
ちょうどいい時間に始まるし、15分という短さもちょうどいい。
これからいよいよ鈴愛ちゃんは漫画家を目指して東京へ!わくわく♪

忙しい毎日のささやかな楽しみなのです。


Posted in 日常のこと コメントをどうぞ

明治の企業力

2016年の9月に発売された明治のTHEチョコレート。


初めて店頭で見た時に
「パッケージ、かっこいい〜〜Fuu!!」と思ってついついパケ買いしたものです。
これまでのチョコレートのパッケージにはなかった色使いと
シンボリックなパターンと色展開の美しさ、シンプルで斬新、且つ秀逸なデザイン。
もちろんパッケージのみならず、商品の品質や味自体も世界の栄誉ある賞を
受賞しているまさにチョコレート界の異端児なのであります。

先日コンビニで基本の6種類の味が一箱に集まった6COLLECTIONSなるものを発見!!
またまた買ってしまった。。。


箱を開くと…なんということでしょう!!
チョコレートのパッケージというより、なんかプラモデルの箱の中身のようです。
しかもチョコレートは各1枚づつしか入っていないという…。


面白い展開になんか得したような、でも入り数が少ないから損したような、
いい意味で複雑な気持ちになりました(笑)
これだけのことにここまでする明治さん、流石です。

大手の企業力、恐るべし。


Posted in デザインのこと コメントをどうぞ

上色見熊野座神社にて

ここ何日か夏日が続いています。
あまりにもいいお天気だったので、ちょっと遠出をしてきました。
土曜日に夫とバイクで熊本県の奥阿蘇にある有名なパワースポットへ。
上色見熊野座神社「かみしきみくまのいますじんじゃ」と読みます。
なんだか、名前からして神秘的。
こちらには伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)
石君大将軍(阿蘇山を創った神・健磐龍命〈たけいわたつのみこと〉の荒魂)が
祀られているそうです。

神殿まで続く長い階段とその傍らで等間隔に並んでいる100基近い灯籠。
その神秘的な景色は「異世界への入口」などといわれているそう。


その灯籠の脇には、これまた渋い色合いの変わった花が咲いていました。
名前は不明。自生している植物さえも不思議な風情です。


神殿までかなり長い階段を上りますが、そのもっと先にはもうひとつの見所が。
この大岩は穿戸岩(うげといわ)といい、巨大な岩に穴が空いていることから、
困難な目標も達成可能であることの象徴とされていて
受験合格や商売繁盛のご利益を授かることができる
パワースポットとして県内外からたくさんの参拝者が絶えないそう。
これは岩の裏側からのショット。
真下に神殿の屋根が小さく見えます。


いつもは慌ただしい毎日ですが、神聖な空気の中、
久々に非日常的な時間を満喫してきました!



Posted in その他, 未分類 コメントをどうぞ

ヒントは日常の中に

美容院で見たファッション誌の中に綺麗なパッケージデザインがありました。
なにかと思ったら柔軟剤。
外国の商品のような雰囲気のデザインです。
柔軟剤のデザインも時代が進むにつれて変容しています。
この左端のボトルの布地のドレープ感や色合いが美しい。
忘れないうちに写メ!




こちらは、来年成人式を迎える娘宛の晴れ着レンタル会社からのセールスで
届いた振り袖カタログの表紙。


次々に届いて正直めんどくさいのですが
中にはとても素敵なデザインのものもあります。
この古典柄、正統派且つ大胆。モデルさんもかわいい。
年賀状の仕事でいろいろな花イラストやパターンを作る時に
色合いや構成など、とても参考になります。
やはり日本古来からの図案は素晴らしい!

そう考えれば、なんでもまんざら無駄じゃない。



Posted in デザインのこと コメントをどうぞ

絵文字の可能性

年賀状の仕事をよく受けるのですけれど
その時に私の作風の1つとしてオファーされるのが
干支の漢字の中に動物の姿を盛り込んだ絵文字です。
これを考えるのはたいへんだけれど楽しい時間でもあります。
見る側に無理矢理感を感じさせずに
うまくそれとわかるようにデザインする難しさ。

先日ネットで素敵な絵文字を見つけました。
布地への刺繍か織りのようですが、寿の文字が鶴の姿になっています。


なんとスタイリッシュな寿でしょう。
流麗でかっこよくて、なお且つ和の渋さ、レトロ感さえも
合わせ持っているというとても素敵なデザイン。
誰?これデザインしたの。

このさりげなさ感。うまいなぁ。。。


Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

念願の初来店

糸島の志摩桜井でひっそりと営業されてる「のたり」さん。
葡萄酵母を使った自家製の天然酵母パンのお店です。
こちらは金、土、日のみの営業なので、
これまでも行きたいと思っていてなかなか叶わなかったお店。
先日知り合いから衝撃を受ける美味しさだった、と聞いて
ぜひとも行きたくなりました。
仕事の合間の気分転換。

ナビで行きましたが、まぁ〜わかりずらいこと。。。
外観はまったくの古民家で大きな看板もありません。
とてもパン屋には見えません。
でも、青空をバックに自然の中に建ってる姿がなんとも味わい深いですね。


パンはハード系のパンが多くて私が好きなずっしり重めの感じ。
フォカッチャも人気だそうですが、大好きなくるみとベリー系が入ったパンと
美味しいと聞いたクリームパンも買ってみました。
三色のスコーンもなんとなく佇まいが可愛かったので。。。

噛み締めるほどにじわじわ美味しい…。


糸島に住んでてよかった!!



Posted in 糸島グルメ コメントをどうぞ