太田さやか筆文字工房 墨技

ブログ

念願の初来店

糸島の志摩桜井でひっそりと営業されてる「のたり」さん。
葡萄酵母を使った自家製の天然酵母パンのお店です。
こちらは金、土、日のみの営業なので、
これまでも行きたいと思っていてなかなか叶わなかったお店。
先日知り合いから衝撃を受ける美味しさだった、と聞いて
ぜひとも行きたくなりました。
仕事の合間の気分転換。

ナビで行きましたが、まぁ〜わかりずらいこと。。。
外観はまったくの古民家で大きな看板もありません。
とてもパン屋には見えません。
でも、青空をバックに自然の中に建ってる姿がなんとも味わい深いですね。


パンはハード系のパンが多くて私が好きなずっしり重めの感じ。
フォカッチャも人気だそうですが、大好きなくるみとベリー系が入ったパンと
美味しいと聞いたクリームパンも買ってみました。
三色のスコーンもなんとなく佇まいが可愛かったので。。。

噛み締めるほどにじわじわ美味しい…。


糸島に住んでてよかった!!



Posted in 糸島グルメ コメントをどうぞ

サヴァ?

娘が車の免許をとって何が良かったかというと
家族で食事に行った時にハンドルキーパーが居るということです!!

魚が美味しい近所の行きつけの食事処「さんしゅう」さん。
ここの自家製の鯖スモークが絶品♪



たいへん美味しゅうございました。


Posted in 糸島グルメ コメントをどうぞ

時間のかかる女

この仕事を一人で始めてから13年、
その前のデザイン会社勤務時代からすると20年以上(歳がばれる…笑)になりますが、
このごろデザイン考察や作業に時間がかかるな〜〜〜と。
確実にキャリアを重ねて、技術力は上がっているはずなのに
どうしてでしょうねぇ。。。。

こだわりすぎているのか!? はたまた老眼が進んでいるせいか!?
最近どうも細部に目が行ってしまいます。
基本的にもともとなんでもやりすぎる傾向にある私。


先日、セブンルールというドキュメンタリー番組で、
昨年バブリーダンスで一世を風靡した
大阪登美丘高校ダンス部のコーチ兼振付師のakaneさんが
どんなかっこいい振り付けにも
必ず「ヌケ」が必要だと言ってました。

手抜きとは違う、「ヌケ」。
いい意味でのいいかげんさ、
デザインにも必要ですね。


Posted in 未分類 コメントをどうぞ

入手困難

パンは普段あんまり食べないのですが、このパンは例外。
てんぴやさんのくるみカレンツ。


天然酵母のずっしり重いパンです。
原材料のとこを見てください。
バター・砂糖・卵・牛乳は一切使用していない
とてもシンプル。いいですね!

1年ほど前にたまたま購入して、初めて食べてから
あまりの美味しさにすっかりはまってしまいました。
もともと柔らかいパンより、ずっしり重い硬めのパンが好きなので
これまでも似たようなパンをいろいろと食べてきましたが、
私の中ではここのが一番でした♪

こちらは店舗販売はされておらず、卸しと注文販売、イベント出店のみだそう。
なので、ときどきどうしても食べたくなると
車を走らせて「唐津うまかもん市場」へ買いに行きます(笑)

糸島の伊都菜彩での販売を強く望みます!!


Posted in 美味しいお気に入り コメントをどうぞ

わが立つそま

私が好きな美術家、篠田桃紅さん。
現在なんと105歳。現役です。
墨を使った抽象画家(墨象)で、大英博物館やボストン美術館など
国内外の由緒ある多数の美術館やホテル、施設などに
作品が収蔵されている大変著名な方です。

篠田さんの著作本「一◯三歳になってわかったこと」
2015年に刊行され、ベストセラーになったその本の中に印象深い一節がありました。



「わが立つそま」

この言葉は、自分が立っている場所を意味します。
「そま」は漢字で「杣」と書き、滑り落ちそうな山の斜面にある
ほんの少し平になった場所を指すそうです。
修行僧や登山する人たちがほんの一時安心して休める場所で
昔は木こりのことを杣人(そまびと)とも呼んでいたそう。

「長い人生の中で本当の意味で自分の立ちうる場所はそうどこにでも
あるわけではない。だからこそ、ようやくその場所を見つけられた時には
心から感謝をし、自分の使命を全うするべく努力する」

私はまだ、篠田さんの半分も生きていませんが、
及ばずながら今のこの仕事が自分の立ちうる場所だと思っています。
好きな筆文字を生業と出来ている日々と環境に心から感謝。


Posted in 日常のこと, 未分類 コメントをどうぞ

フォトジェニック

家の近くの瑞梅寺川側の桜が、今まさに見頃です。
桜って本当にしみじみと美しい…。
思わずカメラを向けてしまいます。

昔に比べると桜の季節がすっかり前倒しになっていると
朝の情報番組で言っていました。
そういえば、昔は入学式と桜はセットのイメージでしたが
今はほとんど4月まで持ちません。

今年の福岡の桜もどうやら今週末までのようですね。



Posted in 日常のこと コメントをどうぞ

勝手に点いてんじゃねーよ!!

家に誰もいない時や深夜は、書くスペースが広い
リビングのダイニングテーブルで筆文字の仕事をしています。
うちの玄関やトイレは、なんでも自動好きの主人の意向で
人感センサータイプの照明。
でも、深夜リビングで仕事をしているときに限って
誰もいないはずなのに玄関の電気がパッと点くんです。

最初の頃は怖くてyahoo知恵袋で
「人感センサー 勝手に点く」で検索しましたよ(笑)
まぁこれは霊のしわざではなく(でも、すべてがそうとは言えないかも…)
人感センサータイプのものにはよくある誤作動らしいのですが
夜中の2時とかにたった一人で家にいると
やっぱりちょっと怖いです。。。

だって、女の子だもん!



Posted in 日常のこと コメントをどうぞ

蕎麦を食べる

博多駅に隣接するKITTE博多10Fの「そば茶屋華元 本膳庵」に
おそばを食べに行きました。
仕事で店舗ロゴと販促物の文字を書かせていただいたお店です。


おそばはめったに食べないのですが、携わらせていただいたお店には
一度は食べにいかないとね。
久しぶりに美味しかったです。

みなさんも良かったら是非足をお運びくださいませませ♪



Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

春分ピクルス

すっぱいものが好きです。

野菜のピクルスや浅漬けをよく作るのですが
今回は大好きなカリフラワーで
カレー粉と粗挽き黒胡椒を効かせたピクルスを♪


 


Posted in 料理のこと コメントをどうぞ

歴史の重み

店舗ロゴなどを書く仕事をしているからでしょうか、
行く先々でいろんな筆文字やロゴに目が行きます。
特に歴史の古い町には本当にいろいろと興味深い看板があります。

先日柳川へ行った時に川沿いにあった魚屋さん。
いい文字です。
こういうお店って少なくなりましたね。

こちらは鰻屋さんの店先。
佇まいが素敵です。


木の看板の「福柳」の金文字、その横のなまこ壁。
軒先の青い暖簾とその奥の長暖簾の色のコントラスト。
右手の鰻の白文字、一筆書きのようでおもしろい。
その下に生けてある梅の花。
左手の木製の灯籠など
どれをとっても歴史が息づいてます。


最後に椿の花。
斑入りでめずらしい。
真っ赤な椿もいいですが、こちらもすばらしく綺麗でした。


Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ