太田さやか筆文字工房 墨技

ブログ

わが立つそま

私が好きな美術家、篠田桃紅さん。
現在なんと105歳。現役です。
墨を使った抽象画家(墨象)で、大英博物館やボストン美術館など
国内外の由緒ある多数の美術館やホテル、施設などに
作品が収蔵されている大変著名な方です。

篠田さんの著作本「一◯三歳になってわかったこと」
2015年に刊行され、ベストセラーになったその本の中に印象深い一節がありました。



「わが立つそま」

この言葉は、自分が立っている場所を意味します。
「そま」は漢字で「杣」と書き、滑り落ちそうな山の斜面にある
ほんの少し平になった場所を指すそうです。
修行僧や登山する人たちがほんの一時安心して休める場所で
昔は木こりのことを杣人(そまびと)とも呼んでいたそう。

「長い人生の中で本当の意味で自分の立ちうる場所はそうどこにでも
あるわけではない。だからこそ、ようやくその場所を見つけられた時には
心から感謝をし、自分の使命を全うするべく努力する」

私はまだ、篠田さんの半分も生きていませんが、
及ばずながら今のこの仕事が自分の立ちうる場所だと思っています。
好きな筆文字を生業と出来ている日々と環境に心から感謝。


Posted in 日常のこと, 未分類 コメントをどうぞ

フォトジェニック

家の近くの瑞梅寺川側の桜が、今まさに見頃です。
桜って本当にしみじみと美しい…。
思わずカメラを向けてしまいます。

昔に比べると桜の季節がすっかり前倒しになっていると
朝の情報番組で言っていました。
そういえば、昔は入学式と桜はセットのイメージでしたが
今はほとんど4月まで持ちません。

今年の福岡の桜もどうやら今週末までのようですね。



Posted in 日常のこと コメントをどうぞ

勝手に点いてんじゃねーよ!!

家に誰もいない時や深夜は、書くスペースが広い
リビングのダイニングテーブルで筆文字の仕事をしています。
うちの玄関やトイレは、なんでも自動好きの主人の意向で
人感センサータイプの照明。
でも、深夜リビングで仕事をしているときに限って
誰もいないはずなのに玄関の電気がパッと点くんです。

最初の頃は怖くてyahoo知恵袋で
「人感センサー 勝手に点く」で検索しましたよ(笑)
まぁこれは霊のしわざではなく(でも、すべてがそうとは言えないかも…)
人感センサータイプのものにはよくある誤作動らしいのですが
夜中の2時とかにたった一人で家にいると
やっぱりちょっと怖いです。。。

だって、女の子だもん!



Posted in 日常のこと コメントをどうぞ

蕎麦を食べる

博多駅に隣接するKITTE博多10Fの「そば茶屋華元 本膳庵」に
おそばを食べに行きました。
仕事で店舗ロゴと販促物の文字を書かせていただいたお店です。


おそばはめったに食べないのですが、携わらせていただいたお店には
一度は食べにいかないとね。
久しぶりに美味しかったです。

みなさんも良かったら是非足をお運びくださいませませ♪



Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

春分ピクルス

すっぱいものが好きです。

野菜のピクルスや浅漬けをよく作るのですが
今回は大好きなカリフラワーで
カレー粉と粗挽き黒胡椒を効かせたピクルスを♪


 


Posted in 料理のこと コメントをどうぞ

歴史の重み

店舗ロゴなどを書く仕事をしているからでしょうか、
行く先々でいろんな筆文字やロゴに目が行きます。
特に歴史の古い町には本当にいろいろと興味深い看板があります。

先日柳川へ行った時に川沿いにあった魚屋さん。
いい文字です。
こういうお店って少なくなりましたね。

こちらは鰻屋さんの店先。
佇まいが素敵です。


木の看板の「福柳」の金文字、その横のなまこ壁。
軒先の青い暖簾とその奥の長暖簾の色のコントラスト。
右手の鰻の白文字、一筆書きのようでおもしろい。
その下に生けてある梅の花。
左手の木製の灯籠など
どれをとっても歴史が息づいてます。


最後に椿の花。
斑入りでめずらしい。
真っ赤な椿もいいですが、こちらもすばらしく綺麗でした。


Posted in 筆文字・ロゴデザイン コメントをどうぞ

リセット

今日は午後からの打合せの前に体を動かしておこうと思い
大橋にあるヨガスペースひだまりさんへ。
ここは1回づつの単発レッスンにも対応されているので
私のような個人で不規則な仕事をしているタイプでも行きやすい教室。

ヨガにはいろんな種類がありますが
こちらはクリパルヨガ。
クリパルとは「思いやり・慈悲」という意味があるそう。
完成されたポーズを目指すことよりも、
そのポーズの体験を通して自分をあるがままに受け入れ
探求していくことを大切にした、セラピー的要素のあるヨガとのことです。

日頃から前傾の姿勢でいることが多いので首こり肩こり、腰痛に悩まされる日々。
もう、職業病ですね。
なのでいつもは伸びないところを伸ばしたり、自分と向き合うヨガは
とてもリラックスできていいリセットになります。

ひだまりさんもホームページ制作をお願いしたハラプロさんの
制作実績のページで見つけた教室です。
ちょっと遠いところも逆にいい。

こうやって新たな出会いができていくのもありがたい。



Posted in 未分類 コメントをどうぞ

柳川日和

今日は久しぶりの完全オフ。

お天気も良かったので柳川へ行ってきました。
目的は鰻とさげもんめぐりです。

まずは美味しいと評判の「若松屋」さんへ。
こちらは安政年間(160年ほど前?)から続いている老舗店とのこと。
実は、あんまり鰻が得意ではないのですが
ここのは美味しかった♪

しかし、ややカロリー取り過ぎか…(笑)



次にさげもんを見て回りました。
とても華やかで素敵!



柳川地方では、昔から女の子が生まれると初節句に子供の健やかな成長を
願って、ひな段と一緒に色とりどりの「さげもん」を飾り、
盛大に祝うそうです。さげもんは、縁起の良い鶴やウサギ、ひよこ、
這い人形などの布細工と「柳川まり」とを組み合わせたもので、
「幸福」「健康」など、母親、祖母、親戚等の願いが
込められているとのこと。

ポカポカ陽気の一日。
明日からの英気を養いました。



Posted in 日常のこと コメントをどうぞ

7年のあゆみ

今日の福岡は快晴でぽかぽか陽気。

さっき部屋でパソコンに向かっていたら
地区のアナウンスが流れました。
今日は東日本大震災から7年目の日。
発生時刻の午後2時46分にサイレンが鳴らされ黙祷。
あれからもう7年。
2011年は自分の母が亡くなった年でもあり
自分の中でも忘れられない年です。

今朝の情報番組で気仙沼で行われている
ある取り組みが紹介されていました。
「#被災地女子旅@気仙沼」
震災から7年が経過しようとしてる中、被災地ではボランティアを
含めた観光客数は減少の一途をたどっているとか。
その状況を打破しようと地元宿、観光協会、旅行会社が連携し
宮城県が助成する形で新たな被災地の入口づくりに取り組み
2012年の開催から述べ2,000人の参加があったそう。
今回の企画者はゲストハウスを運営する26歳の女性。
被災地としての気仙沼ではなく、気仙沼の魅力を
自分と同世代の女性にも知ってもらおうと企画されたそうです。

復興支援にはものを買ったり、寄付をしたり
ボランティアに参加したりといろんな形があると思いますが
今、自分が元気に過ごせている日常に感謝し
それぞれがおかれた場所で、何ができるかを考え
毎日をしっかり生きるということが
とても大切だと感じました。



Posted in 日常のこと コメントをどうぞ

女子する♪

昨日、カフェに行きました。
デザイン書道スクールの10年来の生徒であり、同業者の輝心さんと。

お店は糸島の志摩、野北にあるCURRENT(カレント)。
海を一望できる高台にあり、ちょいちょい雑誌などにも登場する
糸島じゃちょっと有名でおしゃれなイタリアンレストランです。

アラフィフの熟女♥二人でかわいいデザートプレートをいただきました。



インスタ映え なる言葉が苦手な私ですが(苦笑)
美味しい画像をアップしてみます!

久しぶりにゆっくりした時間を楽しみました。
輝心さん、ありがとう!

Posted in 糸島グルメ コメントをどうぞ